石岡 礼見先生の料理教室 【2013年7月】

6月はお休みしちゃったので、2か月ぶりのお料理教室。
夏真っ盛りのこの日、久しぶりに会うメンバーもいて、楽しいひと時を過ごしました。

★★★今月のメニュー★★★
・夏の前菜(3種)
  ①プチトマトのはちみつ漬け
  ②スペイン風オムレツ
  ③しらすカルパッチョ
スコッチエッグ(キャロットライス添え)
ラズベリーのスイーツ


[
スペイン風オムレツ作成中。


ひっくり返した直後です。


完成して切り分けました。盛り付けに緑があるときれいですね。

メインのスコッチエッグは、ゆで卵にひき肉でコーティングして揚げたもの。ゆで卵に薄力粉をまぶすのは、ひき肉がとれないように工夫。

ここからどんどん分厚くなります。


これが、ひき肉で覆われて揚げる前の状態。


完成!恐竜の卵みたいに大きくて、食べごたえ十分です。


キャロットライスを添えて、そして、トマトソースをかけていただきます。絶品!

本日のデザートは、カステラ生地にラズベリームースを作って上から
かけました。かわいいぼっちゃんと一緒にデザート作り。
とても上手にできました。

最後に、みんなで記念撮影!
NYのお土産喜んでもらえてよかった(^^)。

7月も楽しいお料理教室でした。

春キャベツを食す会 〜キャベツ祭り〜

あやみさんの、出張お料理教室。番外編。
三浦の無農薬栽培キャベツを、友人宅で6人で、7玉中4玉を食べつくしました。

春キャベツは、甘くてとてもみずみずしかったです。
青虫が生きているくらい新鮮で安全なキャベツ。
一枚一枚葉を丁寧にはがしていくと、ものすごい量になりました。


キャベツチアガールでございます(笑)。

本日のメニューは、

キャベツのコールスローその1
 (さっぱり酢とオリーブオイル)


キャベツのコールスローその2
 (あんちょび+にんにく+ミルク)


キャベツと松の実のバター炒め


キャベツのスパイス炒め(クミン+ガラムマサラ


キャベツと鶏の含め煮


豚肉とキャベツのミルフィー


キャベツとしらすのペペロンチーノ

以上7品。食べごたえ満点でした。
キャベジン効果か、胃もたれもなくて、気持ちのよい満腹感でした。

旬のものをいただくのはいいですね。
エネルギーをたっぷりチャージしました。

石岡 礼見先生の料理教室 【2013年5月】

今月のお料理教室は、4年ぶりに再会できた同期が参加してくれたり、
初めて参加する方もいて、素敵なメンバーがそろいました。

★★★メニュー★★★
ルッコラとグレープフルーツのサラダ
ベータカロチンたっぷり 冷製ポタージュ
・鶏のディアブル風
・イチジク・バナナ・ヨーグルトのマリアージュ(仮名)


じゃーん、お肉万歳!メインです。
マスタードたっぷりの小悪魔風でござます。
フライパンでしっかり皮に焼き目をつけてから、オーブンに入れます。
この後、トリートメンだったので、いつも焼き場の私も、今日は静かに見学。イチジクの皮をお上品に剥いていました。


完成品。パーティーメニューにもぴったりの豪華な1品。
ハーブパン粉とマスタードが、アクセントになって1枚ペロリ食べられます。病みつきになる味。ローズマリーと、タイムをフンダンに使いました。


こちらは、新人参と新玉ねぎの冷静スープ。
生クリームも牛乳もいっさい入れず、野菜そのももの甘味と塩で楽しみます。これも絶品。美肌メニューですね。

ポイントは、最後に豆乳を少し入れて、ブラックペッパーを一ふり、そして飾りのチャービルです。


芳子先生の芳子パンもたくさんいただきました。みんなで美味しくほうばりました。
ご馳走さまでした(^^)。

ルッコラとグレープフルーツのサラダは、爽やかな酸味が楽しめるサラダで、ドレッシングの中にもグレープフルーツの果汁をたっぷり入れました。甘夏でも代用可です。


みんなの差し入れでデザートプレートを作りました。
豪華で食べごたえがありましたよ!
右手前のデザートは、ネーミングをみんなでつけようと、あれこれ出してみましたが、どれもしっくりこなくて、まだ名無しさんです。
イチジクとバナナがヨーグルトと、絡まってベストマッチ。甘さは果物の甘さだけでOK。洋酒を入れると大人の味になります。イチジクの薄皮剥きは、時間がかかりますが、このひと手間を惜しんではだめなんですね。

メープルマニアのバームクーヘンも、生地にしっかりシロップが浸み込んでいて、ジューシーな甘さを楽しみみました。

初めていただいた、繊細な和菓子にも出会えて、感動しました。

八雲茶寮の和菓子、要チェックです。今行きたい和菓子屋NO.1ができました。

おかげさまで、夕方のトリートメントは、気力、体力200%で臨めました。


記念写真♪笑いすぎでしょ(笑)。

帰りは、芳子先生に送っていただきました。楽しい車の旅。
芳子先生のお庭のバラがとってもきれいで、記念にブログに収めます。

今月も、素敵なお料理教室となりました。

翌日の夜、焼き場担当になり、我が家で再現。冷製スープも作り、旦那さまも大満足。あやみさん、いつも美味しいレシピをありがとうございます!

石岡 礼見先生のお料理教室【2013年2月】

今月のあやみさんのお料理教室は、寒さを吹き飛ばす、スパイスをふんだんに使ったメニューでした。

★★★メニュー★★★
・ブルーチーズのサラダ
・プチトマトのハーブパンコ焼き
・スパイシーミートボールのトマト煮込み
・チャイプリン
(おまけ)
 ・キャビアを使った前菜

お酒が進みそうな美味しいブルーチーズのサラダは、りんごとくるみを散らしていただきました。
エンダイブをわさび菜にして作ってみたら、和が洋のテイストになっておしゃれに変身。参考になります。
ソースは、いただく前に絡めます。赤ワインとの相性抜群です。

プチトマトのハーブパン粉は、ハーブとパン粉をじっくり煎ってから、パルメザンチーズを入れるのがポイント。
見栄えがするのにとても作りやすくて、前菜なのに主役級の華やかさがあります。


ビフォー。
トマトをグリルしてから、最後に上からパン粉を散らします。

アフター。
完成♪リコピン祭り。


よっしーが焼き場に昇格しました。めでたい日でした(^^)。
最初は、包丁もつのも初めてと言っていたのに、気がつけば料理男子になっている。すごい!

メインのミートボールのトマト煮込みは、コリアンダーをたっぷり入れたのが新鮮でした。スープとお肉にもスパイスをたくさん使います。
身体の底から温まる一品です。


しょうがやにんにく、スパイスがたっぷり入ります。
ここにお肉を入れて、粘りが出るまで手でしっかりこねます。


煮込み中。煮込み時間は長めにとります。
その間、シャンパンで乾杯して前菜からスタート。


いただいたキャビアを持参して、前菜を一品作ってみました。
ロシアでは、当たり前のように食べていたけど、日本ではなかなか食べる機会がありませんね。懐かしい味でした。一粒一粒がしっかりしていて、塩気も強すぎず、とても美味しいキャビアでした。


ライ麦ブレッドに、クリームチーズ、トマト、ディルを乗せて。そして、最後にレモンをキュッとかけて食べると、キャビアもさっぱりいただけます。
みんなで美味しく食べました!


本日のメインディッシュ。
トマトベースの肉団子のスープは、パスタを絡めて食べても美味しくて、そこに、ブルーチーズのソース、ハーブパン粉、キャビアの全部乗せで、贅沢三昧でした。

デザートも、スパイスを使ったチャイプリン。牛乳と生クリームで濃厚に仕上げます。ハチミツを垂らしていただいても美味しかったです。

左手でコーヒー、右手で赤ワインを飲みながらのデザートタイム。うふふ、幸せ。

この後、今日は、みんなに3月で南相馬で使う足湯のバスボム作りに協力してもらいました。35個もできました!
本当に、ありがとうございました。


お酒も入って、テンションがとても高くて、終始笑顔。
こういうクラフト作りも楽しい。


天然色素でカラフルにしてみました。
みんなで作ったらあっという間でした!
感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとう。

笑いすぎてエネルギーを使いすぎてしまったのか、帰り際はお腹が空いてしまい、〆に甘酒アフォガードを食べにいきました!
これがまた美味しくて困りました。


いつか、サロンスイーツでもやってみたいと思います。
熱々の甘酒が、黒ゴマアイスと相性抜群でした。

次回は、3月29日(金)、30日(土)11:00〜あやみさん宅です。
来月は、インドに行くため私は欠席させていただきます。
みなさんのレポートを楽しみにしています!

石岡 礼見先生のお料理教室 【2013年1月】

今年初の料理教室。
今回は、和食。今年1年の幸せを願って、テーマは『来福』。
明るいスタートとなりました。

★★★メニュー★★★
・福袋
・福立菜の辛子漬け
・若鶏の照り焼き
・かきたま汁
・りんごのシャーベット

福を呼ぶメニューということで、縁起のよい葉っぱを使いました。
福立菜。茎は見た目がかなり太いですが、すぐ火が通ります。チンゲン菜の味と似ています。
栄養分も豊富で、ミネラルや鉄分がたっぷり入っています。味に癖がないのも食べやすくてよいです。

お年賀で、一袋ずつあやみさんからいただきました♪

辛子粉から水辛子を作り、茹でた福立菜の上から辛子汁を注いて、味をしみこませます。


ツンとした辛さはなく、後を引く美味しさ。だしが利いた大人の味。

お次は、福袋作り。
油揚げに百合根、銀杏、蓮根、しらたき、椎茸、人参をぎっしり詰めて、かんぴょうで巻いてから、
煮汁でコトコト含め煮にします。初めて作りました。


みんなでもくもくと具を詰めました。


かんぴょうでしばって、福袋が出来上がり。


鍋に整列。これから火をかけます。


煮汁をたっぷり含んでふっくらとした仕上がりです。
口の中で溢れるジューシーな油揚げの煮汁が何ともいえない美味しさ。
蓮根のシャキっとした歯ごたえと百合根や銀杏のほっくりとした食感の違いも楽しめました。

メインは、若鶏の照り焼き。
あっという間に作れるのに、とても存在感があって美味しい一品です。
もも肉の余分な脂を落としながら、タレを絡めて味をしみこませていきます。


焼いている時の、醤油とみりんとお砂糖の香ばしい香りはたまりませんね。どんどん照りがでてきて、色がついていきます。


完成です!タレを煮詰めて、ここまで濃くなりました。
最高に美味しかったです(^^)。ご飯が進む危険な美味しさ。



和ご膳の完成です。器の正しい置き方も、毎度勉強になります。

デザートは、紅玉を使ったシャーベット。

皮まで使ったので、うっすらとピンク色になりました。ポリフェノールたっぷりです。
甘酸っぱさは紅玉独特の味ですね。
主張しすぎない白ワインがたまりません。全体的に優しい甘さです。

私は、途中で失礼してしまったのですが、みなさんからのたくさんの美味しい差し入れがあったので、
芳子先生の画像を拝借。


このデザートセットは、いいですね♪
信玄餅プリンや京都のあじゃり餅、とっても豪華!

帰ってすぐ、夕食のため、2ラウンド目の若鶏の照り焼きを作りました。
うまくできました。
旦那さんも、美味しいと大喜び。男性も女性も喜ぶメイン料理です。


我が家の夕食。たきたま汁も福袋もある。デジャブ!?(笑)。

帰りに、食材調達のため、八百屋『あぐり』に寄りました。

お料理教室で使った野菜がずらり。ここから選ぶのが楽しいのです。
ちょうど、週刊誌『女性自身』にお店のことが掲載されているということで、記念にパシャリ。

お店の方も、横浜の中央市場内で料理教室をされているとのこと。
野菜の使い方をいろいろ教えてもらえて、楽しいひと時でした。
ここのお野菜は安全でおいしいです(^^)。

新年初回の料理教室は8名。
笑いと福が漂っている、幸せな時間でした。
今年も、美味しく食べて、笑って、みんなで幸せになりましょう。
あやみさんのお料理教室は、みんなのパワースポットです☆。

次回の料理教室は、2月22日(金)、23日(土)、いずれも11:00〜自由が丘のあやみさん宅です。
ふるってご参加ください!

石岡礼見先生のお料理教室 【2012年11月】

今年、最後のあやみさんの料理教室。
総勢13名の大集合。
飲む量も食べる量も半端ないです。このパワーが元気の秘訣です。
今月は、12月のクリスマスシーズンを前に、パーティーメニューでした。

★★★メニュー★★★
ローストポーク
・海老のカクテル
・茄子のサラダ オリーブソース
・蒸しキャベツ
・サーモンのクリームパスタ
・ヨーグルトチーズ
・なんちゃってタルトタタン

品数が多いのに、これだけのものをほぼ完食!すごいよ、みんな・・・。


本日の主役その1。できたてほやほや。
ローストポークは、半日、はちみつ、りんごのすりおろし、白ワイン、ローズマリーに漬け込みます。

アクセントに、フェンネルを使用。
ハーブ好きの集まりなので、みんなポークとフェンネルの組み合わせにやや興奮気味。相性がとてもよいことを知りました。


ドーン。見事!お肉の量は、本日2キロ(笑)。


切り分けると、こんなにおしゃれに。
レストランのワンシーンのよう(^^)。
ソースは、肉汁を利用して白ワインを絡めたグレービーソース。
付け合せは、ジャガイモのロースト。もちろんおかわりしました。
お肉が柔らかくて、とってもジューシーです。
何枚でもいける感じです。脂っこくないのです!

今月も、ちゃぶ台を囲むワンシーンがありました。
仲良く茄子の皮むきをしている様子。

この雰囲気好きだなぁ。

手前が茄子のサラダの完成図。

アンチョビとオリーブのソースが茄子に絡んでもう大変な美味しさです。
中央が海老のカクテル。盛り付けが色鮮やかで素敵ですね。

そして、手前の料理が、簡単なのにとてもリッチなヨーグルトチーズ

身体のことを考えてとてもヘルシーなのに、コクがあってまるでチーズクリームでした。水切りしたホエーも残らずいただきます。ここに栄養がありますからね♪

茄子とヨーグルトの料理は、アルジェリア大使館のパーティーで食べた料理を参考にしているとのことですが、すぐ作れてしまうのがあやみさんのすごいところです。

それから、今日は、ちょっとしたおもてなしが。
あやみさんが、私たちにサーモンのクリームパスタを振舞ってくれました。本日は、ペンネで作ってくれました。


本日の主役その2。
絶品。サーモンもふっくらやわらかいのです。
ご馳走さまでした。

デザートは、キャラメリゼした紅玉を使った、簡単タルトタタン
見た目がかわいいですね。


みんなが持ち寄ったお菓子と共にいただきました。

今日は、理恵先生と麻美子さんのお誕生日でもあって、美味しいシャンパンやワインをたくさんいただきました。
地ビールもあってなんて贅沢な時間だったのでしょう。


久しぶりに集合写真。

来月は、12月7日(金)18時〜21時 大忘年会です。
参加する人は、1品持ち寄りでお願いしますね。
会場は、うちのマンションのスカイラウンジになります。
横浜の夜景を楽しみながら、1年の疲れをとりましょう。

石岡礼見先生のお料理教室 【2012年10月】

10月の料理教室は、和食第2弾!
あやみさんの手作り西京漬けは、本当においしくて、リクエストしてしまいました。

10月も10名集まり、エネルギッシュな料理教室となりました。


人口密度高いです!

★★★メニュー★★★
・鮭の西京漬け
・京芋のとりあんかけ
卯の花の炒り煮
・菊花豆腐の吸い物
・柿のコンポート・ローリエ風味

西京漬けは、練り味噌を作りの説明から。
みそ+鮭+ガーゼの順で密閉できる容器で寝かせるのがポイント。
甘鯛、銀ダラ、まながつお、イカなんかも美味しそうですね。

松華堂弁当で食べる料理は、着物で来る人が多いので、しみになる液体のなるものを使わないそうです。
魚料理も、西京漬けのほかに、昆布〆、しょうゆを使った由庵だれが多いのも納得です。


銀杏の差し入れがありました。銀杏の皮剥きに格闘しました。なかなか手ごわい!

縁側でのワンシーンみたいで好きです。

京芋のとりあんかけでは、里芋について勉強。
野菜便利帳を見て、その種類の多さにびっくり。煮物には、京芋が最適。この日は、入荷しなかったのでセレベスで代用。セレベスも煮物に向いています。
里芋は、躊躇せず皮を大胆に厚く剥くことが大事。そうすると、6角形の角が作りやすいことがわかりました。そして、煮た後は、湯どめしておくことで、水分の蒸発を防ぎ、ふっくらとしたボディをキープできると教わりました。
里芋のねばねばの正体は、粘膜を強くするムチンと免疫活性化によいガラクタン!この冬たくさん食べなくては。

菊花豆腐の吸い物は、豆腐を菊の花に見立てて、包丁細工をします。
繊細な作業で緊張感が走りました。


うまくできましたよ。ちゃんとゆらゆらしてる!

お吸い物に、おかひじきを使うと、緑の色が映えてきれいでした。

デザートの柿のコンポートは、電子レンジでもできてしまう簡単な手法でとっても美味しいです。ローリエと白ワインの風味がたまりません。
もちろん、ここにバニラアイスの乗せます♪

和食御膳の完成!

西京漬けは、先生が前日にしこんでおいてくれた、12時間ほど漬け込んだものをいただきました。
おいしい(*^^*)。


デザートプレート。
毎回、楽しみなのであります。


上から見たデザートたち。

好物のデザートの写真が保存されいなかったので、お二人にいただきました。
ありがとうございました!

次回は、11月30日(金)、12月1日(土)の11:00〜(@自由が丘)です。
料理教室の忘年会は、一度に皆さんが集まれるようにと、マンションのスカイラウンジをとりました。(無事、とれましたー!)
12月7日(金)18時〜21時です。
横浜で大変恐縮ですが、ご遠方の方も是非お越しくださいね。お子さんと一緒でももちろん大歓迎です。
料理教室らしく、一人一品の持ち寄り方式にしますね。
楽しいひと時を過ごしましょう!